日帰りスキーは余力を残して - スキーツアーはバスでの移動が多い

スキーツアーはバスでの移動が多い

  • 日帰りスキーは余力を残して

    • 日帰りでスキーに行く時に気をつけておきたいことは、帰る時の余力を残しておくということです。

      かにバスが評判になっています。

      滑りに夢中になっていると疲労を感じにくくなるので、後のことを考えることもありませんが滑り終えた後に疲れが押し寄せてその状態で帰るというのは大きな負担になってしまうものです。特にスキー用具というのは重たくて運びにくいものですから、交通機関を利用してゲレンデに来ている場合には余程家の目の前に停留所や駅がない限りは、用具の持ち運びをするだけでも体力的に辛いものがあります。


      自家用車で着ている場合には、肉体的な負担は少ないものの疲労のある状態での運転というのは危険が伴うものであり、特に雪持ちを走行することになりますから、事故の可能性が高まってしまうことになります。



      楽しいスキーを悪い思い出に変えてしまわないためにも、日帰りをする予定があるときにははしゃぎすぎずに、帰りの余力を残しておくことが大切です。
      疲労を感じにくい分だけまだ滑ることができると思ってしまいがちですが、疲れを感じる一歩手前ぐらいの状態で切り上げておいたほうがその後の事を考えても負担が少なくスキーを満喫することができます。

      日帰りの場合何かと慌ただしいものとなってしまいますから、夢中になりすぎると後でその反動が来ることになるので適度に楽しむのが、負担がかからずに満喫をすることができる方法となります。

      スキーは時期が限られているものだけに、熱中しすぎてしまう傾向にあるので注意をしましょう。



top